トップがぺったんこにならない縮毛矯正の実例

縮毛矯正,60代
パーマ・縮毛矯正(ストレートパーマ)
The following two tabs change content below.
上山 誠也

上山 誠也

くせ毛カット、縮毛矯正を専門にした美容師。 くせ毛の女性の支持を得て顧客のくせ毛率9割。 鎌倉、横浜、池袋で経験を積み、27才でフリーランスに転身。 年間1000件弱の縮毛矯正をしている。 美容師1000人に1人しか持っていないヘアケアマイスター最上級資格取得。 現在は神奈川の平塚、辻堂、藤沢、大船で営業中。
わたし猫っ毛でもともとボリュームが出ないんです。くせが気になって縮毛矯正かけると、毎回全部がぺったんこになってしまって、これじゃハゲみたいで嫌なんです。。これってしかたないんですか?
くせが取れてもこれでは外を歩きたくなくないですよね。。もともとボリュームが少ない、細い、軟らかい猫っ毛の方の縮毛矯正でよくあるパターンです。
ですが、髪質に適した矯正をすればぺたんこにならずに済むので、今回はその方法をご紹介します!

トップがぺったんこにならない縮毛矯正

 

縮毛矯正,60代

 

 

ぺったんこ,縮毛矯正

1枚目は70代のお客様。加齢による細毛でボリュームも出づらくダメージにも弱い毛質です。2枚目は猫っ毛細毛の癖毛さん。くせがなくなってもトップのボリューム感は矯正前とあまり変化がありません。

ぺったんこにならない縮毛矯正のポイント

ひとりひとりの髪質に合わせた薬剤の配合

美容院の矯正剤は何百種類とあり、同じ薬でも髪質によって仕上がりの質感が変わります。上山はお客様一人一人に合わせた薬剤を毎回調合しているので、ボリュームを残したい。毛先を自然な内巻きに。ブリーチ毛でも綺麗に矯正をかけたい。などそれぞれの髪質、要望に合わせてベストな薬剤を選択しています。

年間約1000件の縮毛矯正をする圧倒的な経験と、美容師の0.1%しか持っていないヘアケア・薬剤の資格の知識によってできる技です。大多数の縮毛矯正の失敗はこの薬剤選定のミスがほとんどです。

必要最低限のアイロンの温度とアイロンの通し方の工夫

アイロンはあくまで矯正の補助的な役割ですが、大体の美容師さんがどれくらいの温度、アイロンスルーでくせが無くせるかを理解していないので、とりあえず高温でガンガンプレスしてアイロンします。ダメージもひどくなるので髪は硬くなり自然な弾力が消え、不自然なほどのボリュームダウン、最悪ビビリ毛になってしまっています。

ぼくの場合、くせは薬剤でとり、アイロンはその補佐をする感覚なので、アイロンの温度も低く熱によるダメージはほぼ与えません。

すでにぺったんこな髪をふんわりさせる方法

すでに頭頂部がぺったんこにつぶれてしまっている方は、毛先にストレートアイロンやカールアイロンでカールをつけてみてください。

根元のボリュームが欲しいのに毛先にカール?と思うかもしれませんが、毛先にカールがつき髪の重なりがずれる事で、結果的にトップにもボリュームが出てきます。

 

髪は人の印象を左右する1番重要なポイントです

 

人の印象の9割を占めると言われている髪

髪が綺麗なだけで周りからのイメージも好印象にまります。

・今までどこの美容室へ言っても髪がまとまらなかった人

・失敗されてダメージが酷くなってしまっている人

・絶対髪を傷めたくない人

・縮毛矯正したいけどダメージが気になっている人

上記のような悩みがある人は

日本でも数少ない、くせ毛に特化した美容師

美容師人口1,000人に1人しか持っていないヘアケアマイスター最上級資格を保有

SNSフォロワー3,000人越え

そんな上山に1度任せてください!

自分史上最高の髪へ一緒に変えていきましょう♪

LINE@で髪の質問、相談、予約なんでも受けてます♪

お店に来たことある方もない方も、質問、相談何でも受け付けます♪

ここからご予約も大丈夫です☆
ぜひお友達追加してください♪

友だち追加

上山 誠也

くせ毛カット、縮毛矯正を専門にした美容師。 くせ毛の女性の支持を得て顧客のくせ毛率9割。 鎌倉、横浜、池袋で経験を積み、27才でフリーランスに転身。 年間1...

プロフィール